顔の産毛は必要か?

顔の産毛は必要か?

顔の産毛は人間にとって必要なのでしょうか?もちろん敏感肌の人にとっては花粉や、PM2.5から直接肌を守る方法として、顔の産毛があればいいと思いますし、必要かもしれません。ただ、昔の人間と違い、今では女性のほとんどがメイクアップを施します。つまり、そういった異物と肌が直接触れることがないのです。だから、顔の産毛は今の女性にとっては必要ではないと言っても過言ではないでしょう。

 

しかも、顔の産毛処理をするとメリットがたくさんという話を聞きませんか?デメリットも併せてご紹介いたします。

 

顔の産毛処理をするとニキビが出来やすくなるという人と、ニキビが解消するという人と二通りあります。一つ目が本当に期待されるニキビが治るという効果ですよね。でも顔の産毛処理方法により、毛嚢炎のような副作用が出て、ニキビが出てくる人がいるそうです。それは、光照射であったり、レーザーの副作用です。

 

一方で、顔の産毛を自己処理することで肌のバリア機能が傷ついて、肌荒れとなり、ニキビができる人がいます。もう一つの関心毎は、顔の産毛処理をすると、つまり剃ると、産毛は濃くなるのでしょうか?これもよくある誤解ですが、見た目は濃くなるように見えて、実際は、一度沿った産毛の一番太い部分が上に上がってくるので濃くなるように見えるだけです。

 

だから、一度剃ると、ずっと剃り続けたほうが、顔の色もワントーン明るくなりますし、お化粧のノリもよくなりますので、何もしないよりはましです。今時、顔の産毛処理をしない女性は、不潔感漂う、私生活が乱れた女性だと思われることが多いので、ムダ毛処理だと思って頑張りましょう。もちろん、解決方法は剃るだけではありませんが、ここでは、顔の産毛処理をしたらメリットがこんなにあるということをご紹介します。

 

まず既に書いたように、顔の色がワントーン明るくなります。次にお化粧のノリがよくなります。また、顔の上にあった産毛がなくなりますので、化粧品などスキンケアの効果をこれまでより実感することができます。そして、顔の表面にある、余計な毛と一緒に、古い細胞も取り去ってくれますので、ニキビになる可能性が少なくなります。

 

ただ、毎日のように顔を剃り続けると、表皮をけずりすぎてしまい、お肌のバリア機能を損ないますので、乾燥します。お肌が乾燥すると、紫外線の影響を受けやすくなって、シワやシミになるのです。しかも、ちょっとした空気中の異物に反応して、ニキビにもなるかもしれません。

 

だから、顔の産毛処理をするのは、週1回ぐらいになるようにちゃんと決めて処理するのが良いと思います。7日待てないと思うなら、コンシーラーやファンデーションなどで、ちょっと隠せるかどうか試してください。もし難しいようなら、抑毛効果のあるスキンケアクリームも使うことができます。これは、毛根を小さくしてくれるため、次に生えてくる毛が細くなります。

 

⇒顔の産毛用クリームがあるって知ってましたか?

関連ページ

顔の産毛は女性でもひげになることも
女性のひげに効くというノイズ(noise)の口コミを紹介します。ノイズ(noise)の口コミがほんとうに信じられるのか。気になる方はご覧ください。
顔脱毛機器のケノンって使える?
女性のひげに効くというノイズ(noise)の口コミを紹介します。ノイズ(noise)の口コミがほんとうに信じられるのか。気になる方はご覧ください。
顔脱毛は徹底クレンジング後に
女性のひげに効くというノイズ(noise)の口コミを紹介します。ノイズ(noise)の口コミがほんとうに信じられるのか。気になる方はご覧ください。
顔脱毛にかかるトータル金額
女性のひげに効くというノイズ(noise)の口コミを紹介します。ノイズ(noise)の口コミがほんとうに信じられるのか。気になる方はご覧ください。
顔脱毛で毛穴の黒ずみもすっきり
女性のひげに効くというノイズ(noise)の口コミを紹介します。ノイズ(noise)の口コミがほんとうに信じられるのか。気になる方はご覧ください。
顔脱毛したら誰でも毛嚢炎になる?
女性のひげに効くというノイズ(noise)の口コミを紹介します。ノイズ(noise)の口コミがほんとうに信じられるのか。気になる方はご覧ください。