女のひげ治療は何科に行くべきか

女のひげ治療は何科に行くべきか

女のひげ治療は何科に行くべきなのでしょうか?それは症状によって、何科に行くのかが分かれますが、一番メジャーなのが、皮膚科に行くべきです。(=美容
皮膚科)でも、ひょっとしたら卵巣に不具合があって多毛症になっている場合には何科に行くかを確認するために、総合病院に行くべきだと思います。

 

もし本当に卵巣の不調であれば、婦人科となります。そして、ホルモンバランスが急激に崩れていると自覚している場合には婦人科に行って、ホルモン補充をしてもらうべきだと思います。今ある女のひげをどう処理するかというのも重要ですが、女のひげが生えたのか?というところにも目を向けてください。

 

もう一つが男性のようにひげだけではなく、すね毛、胸毛が生える多毛症は多毛症科という専門医院がありますので、そちらにコンタクトされることをおすすめします。

 

では、一番メジャーなホルモンバランスが崩れることによるひげを永久脱毛する方法としての美容皮膚科に行った場合はどうなるのかをご紹介します。

 

「医療レーザー脱毛=医療脱毛(美容皮膚科での治療)」とは、皮膚や毛髪に含まれるメラニン色素(黒い色)に対してレーザーを照射し、毛髪を再生させる組織を破壊する方法のことです。黒いメラニン色素のみ破壊するため、周囲の皮膚にダメージを与えることがほとんどありません。

 

毛抜きで抜くリスクを考えるといくら高くてもこちらの方がいいかもしれませんね。メリットは肌にダメージを与えない。もう生えてこない。数回通うだけで終わってしまう。皮膚への影響はほとんどないです。

 

でも毛の生えるメカニズム=毛周期があります。2〜3ヶ月ごとに成長期、退行期、休止期と3つの段階で構成されています。目に見えて生えている毛は毛全体の半分以下なので、毛周期に合わせて継続的に照射することが脱毛には必要となります。でも、毛の生える周期というのは人それぞれなので、治療が終わったと思っても、翌月に少し生えてきたりもするそうですよ。

 

部位によって毛周期は異なりますし、個人差も考えると、脱毛をしたい箇所に応じて脱毛のスケジュールを組むことも大切です。料金はだいたい数万円〜30万円程度とピンキリなので、ちゃんとカウンセリングを受け、納得してから始めるのがよいでしょう。

 

全顔プランや全身プランなど色々とあり、経済的に余裕のある人には、リスクが少なくて、お金を払って数回通うだけで、後は何もないというのが魅力的だと思います。しかも、クリニックでしか販売していないハーバルローションなどもセットで購入して、ケアをすると、毛が生えにくい環境を作ることができます。

 

関連ページ

女性のひげと薄毛はホルモンバランスの乱れが原因?
女性のひげに効くというノイズ(noise)の口コミを紹介します。ノイズ(noise)の口コミがほんとうに信じられるのか。気になる方はご覧ください。
女性のひげ 青いのはどうして?青ひげを目立たなくするには
女性のひげに効くというノイズ(noise)の口コミを紹介します。ノイズ(noise)の口コミがほんとうに信じられるのか。気になる方はご覧ください。
ひげを化粧で隠す女性
女性のひげに効くというノイズ(noise)の口コミを紹介します。ノイズ(noise)の口コミがほんとうに信じられるのか。気になる方はご覧ください。
一本のひげで女不信になる男性
女性のひげについてです。女なのにひげが気になる方はご覧ください。
女のあごひげの原因はホルモンと関係する?
女性のひげについてです。女なのにひげが気になる方はご覧ください。
女のあごひげ処理なら
女性のひげについてです。女なのにひげが気になる方はご覧ください。
女は髭も手入れすること
女性のひげについてです。女なのにひげが気になる方はご覧ください。
中学生でも女のひげに悩んでいる!?
女性のひげについてです。女なのにひげが気になる方はご覧ください。
女性のひげやあごのムダ毛の正しい処理方法とは?
女性のひげについてです。女なのにひげが気になる方はご覧ください。
女性のあごのひげと処理の方法
女性のひげについてです。女なのにひげが気になる方はご覧ください。
女性の髭剃りは肌に悪い!?他にひげの処理方法はあるの?
女性のひげについてです。女なのにひげが気になる方はご覧ください。